最新のTOPICS


中村征夫

Ikuo Nakamura

中村征夫
Ikuo Nakamura

1945年秋田県潟上市出身。19歳のとき神奈川県真鶴岬で水中写真を独学で始める。
撮影プロダクションを経て、31歳でフリーランスとなる。

1977年東京湾にはじめて潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組む。
数々の報道の現場の経験を生かし、新聞、テレビ、ラジオ、講演会とさまざまなメディアを通して海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。